日記
新築アパート計画中!【秋田の不動産売買・不動産買取・不動産管理は㈱むつみワールドへ】

現在、秋田市内において新築アパート計画があり、場所の選定・間取り決め・家賃設定など机上で試行錯誤しております。借入する際の金利が安いのと相続税対策で全国的に新築アパートが大量供給されています。国でも金融機関に対して、新築アパートの融資を抑える動きもあるぐらい活発になっています。

 

 

アパートを新築する際に限らず、アパートを取得する際に銀行から借入をするケースが多い訳ですが、アパート経営で失敗するケースで多いのが、将来の家賃下落を考慮しないで長期間の借り入れをすることです。いくら家賃保証があるとはいえ、必ず家賃改定ができる条項になっています。

新築してから10年位は新築時の家賃で維持できますので、家賃収入から借入返済額を差し引いても残りますが、家賃収入が減って借入返済額を下回ると逆ザヤになり、マイナスになります。マイナスになるということは、大家さんがほかの収入もしくは貯金からその分を補填しなければならないのです。一端下げた家賃はなかなかもとには戻らず恒常的にマイナスになります。そうすると経年劣化に伴う修繕や設備更新にお金が回らなくなり、更に家賃が下がるという負のスパイラルに陥るわけです。

 

そういった方を見てきましたので、私が計画する際は将来の賃料下落、長期修繕計画、を踏まえてご提案します。今回もその辺を十分考慮して安心して投資できるよう考えていきます!

 

 

投稿日:2017/08/08   投稿者:佐藤 康宏