日記
HDD/DVDレコーダー交換【秋田の賃貸アパート・マンション・貸家・駐車場はむつみワールドで】

アパマンショップ城東店の菅原です!

今日は自宅の家電製品が壊れた話です。14年間とても働きものだったHDD/DVDレコーダーの電源が突然落ちて電源が入らなくなってしまいました。家電と言えども別れは突然やってくるものです。たかが録画機、新しいの買って交換して終わりと思いましたが、よくよく考えてみるとそういえばテレビがブラウン管テレビでした。

ブラウン管と言っても侮ることなかれ、ブラウン管末期のハイビジョンブラウン管TVというとてもマニアックなTVです。はっきり言ってDVD画質程度であれば今のテレビよりハイビジョンブラウン管の方がきれいに映せるのではないかと個人的には思っています。

そのブラウン管TVで録画機からハイビジョン画質の映像を映そうとすると入出力をD端子で行うのですが、今の録画機(HDD/ブルーレイレコーダー)は全部HDMIケーブル1本です。私のテレビ側にはHDMIの受けがありません。これはテレビもまるごと交換になるのかと少しショックでしたが、いやいやリサイクルショップに行ってみようと思い、運が良いのか悪いのか10年前のHDD/ブルーレイレコーダーでD端子出力のある録画機を見つけることが出来ました。そのいつ壊れるとも知れない、もしくはすでに壊れているかもしれない録画機を購入している自分に対して自分でも呆れ返る気持ちで購入してきました。

購入した録画機はとりあえずは普通に?使用出来ましたが今回の家電が壊れた件で、時代の移り変わりの激しさと切り捨てられていく技術のはかなさに少し寂しい思いでした。写真は今回壊れた録画機の背面です。最新のものはかなり入出力系統が簡素化されてます。今年は他にも洗濯機が壊れたり、FFストーブが壊れたりしましたので休みの日も結構忙しい日々です。皆様働きすぎに気を付けましょう!

投稿日:2020/11/21   投稿者:菅原 暢浩